精神科専門外来

午前
うつ病
不眠症
神経症
うつ病
-
午後
うつ病
認知行動
療法
マインドフルネス
認知療法
-

-


うつ病外来とは

近年、うつ病は増加の傾向にあり「メンタルヘルス」対策の上で重要な疾患です。心の風邪とも言われるほど身近なものです。早期発見・早期治療、より合理的な治療、慢性化の防止、再発予防などが具体的な課題となります。当院では、これらを念頭に以下の治療を実施しています。 
1.精神科専門医による薬物療法と精神療法
(認知行動療法、マインドフルネス認知療法、アクセプタンス&コミットメントセラピー、行動活性化療法)
2.うつ病集団認知行動療法
3.集団マインドフルネス認知療法
うつ病集団認知行動療法は火曜日:午後1:30〜3:00
マインドフルネス認知療法は水曜日:午後1:30〜3:00

神経症外来とは

神経症(神経症性障害)には、不安障害、パニック障害、強迫性障害、ストレス反応、解離性障害など異なったタイプの神経症があります。神経症であっても、自分の癖と思い治療を思いつかない人も少なくありません。気軽にご相談下さい。以下の治療を実施しています。

  1. 精神科専門医による薬物療法と精神療法

  2. 精神療法(呼吸コントロール、リラクセーショントレーニング、問題解決技法、認知再構成、行動の修正など)
  3. 心理教育

不眠症外来とは

不眠に悩む人は人口の20%と多いのです。不眠症対策として睡眠薬は有効だが頼ってしまう、服用を止めたいが止められないという人も少なくありません。認知行動療法は、睡眠薬なしで満足できる睡眠を確保し、日中の目覚めがよく、活発だと感じられるように、自信を持って人生を前向きに生きられるようになることを目指します。以下の治療を行なっています。

  1. 睡眠教育
  2. 行動療法
  3. 認知療法
  4. その他

 
久田病院
〒901-1101
沖縄県島尻郡
南風原町字大名275
TEL: 098-889-3206
FAX: 098-889-5311
ユカリアキャピタルメディカ